NMNと否定的な面

マウス実験でNMNを投与し、たった1週間で40歳の若返りを果たしたのはビッグニュースであり、人間でも同じ効果があるのか研究が始められています。NMNにはまだ否定的な面は発見されていません。むしろNMNには難聴、眼の疾患、肝臓や心臓を守る作用がある事が判明しています。そして、肝臓がんにかかったマウスに投与し、腫瘍が消えた事もあったのが確認されています。NMNは酵母で生成すれば毒性はなく、皮膚につけることや食べることもできます。そして日用品として使えると研究者は答えています。美容製品であるものの、薬のように認可のハードルが高くない事も、早期の出荷が見込まれる大きなポイントです。

NMNは老化により衰えた体全体にエネルギーを与え、虚弱を治すものです。様々な分野で注目されており、まるで万能薬のようなものです。もちろん、NMNの研究を進める事で、今後デメリットのようなものが見つかる可能性はあるものの、今現在では特に見つかっていません。

既にNMN成分が配合された商品が販売されています。老は人間として生きる上で避ける事ができないものだと誰しもが理解しているはずです。しかし、今後のNMNの研究次第でその常識が覆る可能性もあるのが事実です。